大丸パーソナルカラー診断に行ってきました

@cosmeや2chの化粧板でブルーベース、イエローベースという言葉を
目にし始めたのはかれこれ10年以上前
パーソナルカラーの存在を知って診断しようとすると
有名どころは30,000円とか万単位で受診する気になれず時が経ち

一昨年ノエビアのベストカラーレッスンを発見する
帰省した時に行こうかなと思ったら年末年始やっておらず断念
さらに翌年行こうかなと思ってネット検索してたら大丸のカラー診断を発見する。

予約方法

ホームページより28日前の11時から予約できます
http://dmdepart.jp/fashionnavi/

実施店舗は大丸梅田店、京都店、東京店
松坂屋は名古屋店、上野店、静岡店

お値段は45分税込3,240円

どうやら都内は争奪戦みたいなので頑張ってください。
比較的上野の方がゆるいかなという印象です。
自分は帰省がてら京都店で受診しました。

自分の特徴

・髪色はソフトブラック
・瞳の色は紺色がかった黒
・肌はほぼ標準色。ものによって+1明るい程度
・頬に色味はなくて落ち着いたイメージ
・腕の内側は青白い??
・日焼けはちゃっかり焼ける
・真っ白真っ黒も苦手
・茶色カーキはもっと苦手
・紫系も苦手だけど、ラベンダーはなんとかなるかも?と最近気づく

自己診断では?

色見本を見たところ、今までなんとなくイエベ春かブルべ夏かな~と思ってました。
しかし上記の特徴を踏まえて直前にネットで自己診断をすると

おや?春要素全然ない?
色素の薄い要素がない!!

おや?もしかして秋要素があるのでは?
秋ソフトっていうのがあるのね

そして同程度に夏要素もありうる
相変わらず冬要素はないんじゃね?

と思いきや・・・

診断の流れ

診断を受けたのは大丸京都店
近くは食器売場であまり人通りは少ない方かも
フロアガイドにファッションナビと記載された場所で
外部と遮断はされていないけどあまり人の目は気にならない印象でした。

夏、秋、春、冬とドレープを切り替えて顔映りを見る方法
残像が見えないスタンダードな方法みたいですね
(秋と春は逆だったかも)
最初にかけられた給食エプロン的な真っ白な布、顔映りの貧相なこと。。

診断結果は春夏秋冬の4分割+セカンドでおそらく13パターン
(ブルーベース夏のみセカンドも夏パターンあり)

アナリスト(以下「ア」)「髪真っ黒ですね」
(そうかな?もっと真っ黒な人がいるけどなぁ)
ア「瞳も真っ黒」
(紺色がかってるよ)
ア「黄みも青みもありますね」
(ふむふむ)

ドレープを何枚か当ててみる
ア「夏の人ですね」

色白じゃないけどブルべ姫()キタワァ.*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!☆

ア「で、セカンドは冬です」
(へ?冬??)

 

漂う日本海感

ざぱーん 涙の海峡~ 広義でいうと日本海側出身だけどさ

黄身系がほとんどアウトみたいです
※自己診断での誤診率は秋判断が多いらしくまんまと引っかかる

バイバイブルベ姫orz

ブルベ姫とは…

パーソナルカラー黎明期に2chや@cosmeに多数現れた
ブルベ=青白く透き通った肌という間違った知識と選民思想を持った
当方ブルベ超色白です♡といったアイタタな人たちを指す言葉
その名残があってかブルベと言われて悪い気はしないのは秘密だ
姫的要素がある人はイエベ春かブルべ夏セカンド春な人くらいだと思う
そして超色白はイエベ春かブルべ冬が多いとのこと

近年もとんちんかんな自己診断サイトのせいで
黄味のある肌→イエベ
ピンク系の色白→ブルベ
といったカテゴリー分けが氾濫しててなかなか絶滅に至らない模様

診断してもらえるもの

こんなかんじの色見本表と診断結果のペーパーをもらえます

大丸カラー診断

大丸カラー診断結果

骨格タイプ診断のお知らせも
大丸カラー診断骨格診断

サマーとウィンターには似合う色に◎、まずまずに〇がついてます
大丸カラー診断夏と冬

口頭でのアドバイス

コントラストが重要とのこと。
どうやら冬用のアドバイスみたいですが強すぎないコントラストが良いみたいです

・近年購入したライトグレーのスーツ

ボヤっとするなぁと思ったらインナーの色が薄すぎたみたいです。
(この色味自体は合うらしい)
清潔感をと思って面接とかの場面では白とかライトイエローとかを重ねてました。
とはいえインナーの色が濃いと好印象にはなり辛い気がするので
面接系は使いづらい色なのかも。。

参考となる芸能人は?

アナリストいわく渡辺麻友さん、榮倉奈々さん、天海祐希さん、堀北真希さん…
ネットで予想結果を見ると…

バラバラやないか!

特に天海祐希なんて夏秋冬3つも出とる!

注意点

1.腕をややまくって肌の色を見られるのでムダ毛処理注意。
(たまたまちゃんとしてたよ。。)

2.顔色も判断材料になるので誤診を避けるためにはすっぴん推奨

3.瞳の色も重要点だからもちろんカラコンもね

4.髪のカラーリングもやらないに越したことはない

これやって良かった点

1.最初にネットレベルの知識はあるので客観性が欲しいと告げました。
ある程度説明は端折ってもらえたと思います。

2.帰省中にもかかわらず手持ちの化粧品をいくつか持って行って見せました。
雑談レベルですが合う合わないジャッジをしてもらえます

3.クローゼットアプリで保存していた服も何点か見せました。
画像が粗くて判断つかないものが多かったですが。。

アプリの話はこちらで

断捨離~洋服編~クローゼットアプリを利用して総量を把握する
不要な洋服について 5年前に引っ越しがあって、そこで大分見直しをしたので不要なものはない! と思い込んでましたが 2年前服の置き場所を...

4.次の人がいなかったのか45分をややオーバーしても対応してくれた

5.いきなり万単位払って翻弄されるよりはお試しで流れをつかめてよかった

疑問・不満に思った点

1.接待とまでは言わないけど着ていった服が影響してたような気がしなくはない

ちなみに着ていったのがこんなかんじ

なんとなく特定のパーソナルカラーに偏らないように…と思って着て行ったけど
どう見てもブルべカラーですありがとうございました。

百貨店的にはお客様なわけで好きで着ているであろう服を否定するわけにはいかないよね?
とはいえ完全ブルべ方面なのにイエベってことはなさそうだけどね

2.ブルーベースとはいえ、夏色、冬色にも似合わない色があるだろうし
春色、秋色にも似合う色はあるだろうし
カテゴリーを超えた似合う色を知ることはできなかった

どの程度ブルーベース側に寄っているのかはわからなかった
時間制限のためカテゴライズに注力した印象

※夏冬の比率は〇を1点、◎を2点と勝手に採点すると
夏14点、冬7点で 2:1ってところか?

反省点

1.色見本表を撮影していいですよと言われて撮ってみたけど
もしかしたらドレープ診断中も撮影オッケーだったとすれば
後で自分の見返すことができたかも

2.どの段階で確信したか?を聞けばよかった

3.時間的な制限があるので着こなしてみたい色をあらかじめ想定していた方がよかった
インナーが白でライトグリーンやコーラルピンクのアンサンブル
あんまり違和感ないんですけどねぇと言ったら
コントラストがあるからじゃないですか?という話はできましたが。

こんな人は不要

若い人は勢いでなんとなくなる人が多いかもです。美しい人も同様
センスがいい人も着こなし次第でうまくカバーできる気がする
肌がずば抜けて白くて透明感がある人も。

これらの逆で若くも美しくもセンスも色白でもない自分は良しあしを知れてよかったです。

誤診の可能性について

大丸=誤診が多いというイメージがネット上では出ていますが
誤診が起こりうる要因について考えてみました。

1.全国展開でアナリストが複数人いるため人によってレベルのバラつきがある

2.採光は自然光を再現した(らしい)自然光の入らない場所
これがどうやら誤診を引き起こしてる大本命ともっぱらの噂。
自然光もぶれがあるので万全とは言えませんが
他サロンでこだわっているところは時間帯や天気、方位など事細かに取り決めているとのこと

3.価格と所要時間

といった点から
有名店とされる所と比べると誤診を引き起こす要因が複数見受けられます。
なかなか早い上手い安いはないということです。

さらに
パーソナルカラー自体が歴史が浅く確立された理論とは言えない
色相・明度・彩度・清色濁色それぞれ得意苦手が複雑にからんで
同じグループ内でも似合う色にバラつきが出る
という点もあります。

上記を踏まえて検討の参考になれば幸いです。
個人的には値段分の価値はあると思っております。

最後に

自分の得意色の方向性がつかめそうなのと
コスメ口コミで同じPCの人を参考にできるので失敗が少なくなりそう

ネット上でブルーベース夏(プロ診断)って名乗りができるようになったことが
なによりの意義だったりする。

追記編はこちら

大丸パーソナルカラー診断に行ってきました~追記編~
前回の記事「大丸パーソナルカラー診断に行ってきました」が長くなってしまったので 追記編です。 本編はこちらから そういえば...

診断1年後の考察編はこちら

パーソナルカラー診断 4つの疑問について考える
パーソナルカラー診断を受けて約1年 自分なりに調べた補足や体感を4つの疑問点とともに記してみようと思います。 実際に診断を受けた記事...
スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする