ファイルボックス戦国時代 無印、ニトリ、イオン、カインズ、ケユカ5社をくらべてみた

インスタやブログなどでおなじみのホワイト系のファイルボックス
無印をはじめとして様々なメーカーが出現してきたのでそれぞれ特徴などをまとめてみました

※横置きのスタンダードサイズで比較しています
※1円あたりの容積を計算しているので数値が大きいほど割安になります

ファイルボックス

まず無印良品

無印良品 ファイルボックス 無印良品 ファイルボックス1/2ホワイトグレー

約幅10x奥行32x高さ24㎝ 7,680㎤ 690円
1円あたりの容積約11.1㎤
2色展開(クリア、ホワイトグレー)
割引あり(無印良品週間にて10%)

サイズ、モジュールが豊富
ポケットなどの付属品はともかくワイド1/2サイズは2018年9月現在無印のみ

数をそろえるには出費が厳しい価格設定

ニトリ

幅10×奥行31.5×高さ24cm 7,560㎤ 399円
1円あたりの容積約18.9㎤
無印にはないホワイトカラー
割引なし(株主優待券で10%はあるが必要額は150万超)

正式名称は「ファイルケース」
※公式以外はヤフーショッピングで横タイプ2種6個セットのみ取り扱い(2018年9月現在)

使いやすいハーフサイズ展開は無印とニトリのみ
奥行きが0.5mm少ないため注意だがこの0.5㎜に救われる場面も

イオン

イオン クリアファイルボックス

約幅10x奥行32x高さ24㎝ 7,680㎤ 397円
1円あたりの容積約19.3㎤
色はクリア一色
割引あり(毎月20日30日お客様感謝デー5%)

現在クリア一色のみだが5社の中では最安値でコスパよし
無印のクリアとほぼ同一なので無印と組み合わせて使える

見える位置に置くとインテリア性は損なわれるかも
ファイルボックス同士をつなげる連結パーツつき

カインズ(CAINZ)

カインズHPより

幅7.5×奥行34×高さ24.2cm 6,171㎤ 498円
1円あたりの容積約12.4㎤
2色展開(ホワイト、ブラック)
割引なし(ポイントカード還元率0.5%)

本体は半透明、背板が不透明という独自構造
寸法もワイドが11㎝、スリムが7.5㎝と独自構造
斜めから見ると半透明&不透明のアンバランスさが気になるかも

ケユカ(KEYUCA)

幅10×奥行32×24,1㎝ 7,712㎤ 637円
1円あたりの容積約12.1㎤
ニトリよりアイボリーがかったホワイト
割引あり(不定期10%)

ファイルボックスが名称ではなく「Clotze 収納ボックス」という商品名
指通しの穴が上部にあるため低い位置に置いている場合取り出しやすいかも

無印との価格差があまりないためあえてこれを選ぶのはどうなんだ?と
と思って店頭で見たら最大6つに分ける仕切りがついてます!
なるほどー

割引情報についてエポスカードを持っている方は
現在エポスポイント400pで500円分のKEYUCAお買物券と交換できるので
実質2割引で購入することができます。

5社ライナップ比較

スタンダード ワイド 縦ワイド 1/2 1/2
ワイド
無印
ニトリ
イオン
カインズ
ケユカ

番外編 セリア

A4ファイルスタンド ホワイト

セリア A4ファイルスタンド ホワイト セリア A4ファイルスタンド ホワイト

幅7.3×奥行25×高さ32㎝ 5,840㎤ 108円
1円あたりの容積約54.1㎤

もちろんコスパ最強笑

7.3㎝と最小サイズなので余ったすき間に使えるタイミングがあるかも
後ろの立ち上がりがないので収納したものが取り出しやすく、寸法をオーバーしても大丈夫
もちろん100円を超えるファイルボックスより厚みがないため軽いもの向き

どれを選ぶ?

  1. インテリアとして
    →無印
  2. 組み合わせで使う場合
    →無印
  3. 1/2サイズの場合
    →無印
  4. 扉内の整理
    →イオン
  5. 細かく仕切りたい場合
    →ケユカ

  6. 寸法に応じてニトリ、カインズ

という選び方が個人的なおすすめです。

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする