大型ソフトキャリーケース=ダサいを払拭するものが欲しい4選

前回の海外旅行時にハードケースの車輪のクッションが完全に外れてしまい
回りはするものの音もスベリも悪い状態に

こういったキットで直せるみたいですが

これを買ったのは自分がうら若き乙女?のころ
地元の西友かジャスコで15,000円くらいで買ったもの
使用回数は最低5回は使ってて
もういいでしょうということで新しいキャリーケースを探すことに

手持ちのもうひとつはハードタイプなので今回ソフトケースを探してみて直面した問題・・・

大型のものは種類が少ない!!
そしてダサイ!!!

ちょっとでもかっこいいのないかなと思って探してみました。

現状の把握と要件

壊れたハードケース(フレーム)

幅×高さ×奥行き
475mm×635mm×26mm 重さ6.6kg
ジェットスターとかだとカバンの重さだけでアウトですね。。(寸法でアウトだけどね)

おみやげを詰めた帰り道、階段オンリーの地元駅で持ち運べない事態に陥りました。

フレームハードケースその2


475mm×635mm×26mm 重さ5.6kg

義実家からぶん取ってきてうちの子に。。
1つめ見た目はさほど変わらないのに1kgも違うとは…
ロゴのところにポリカーボネートって書いてありました。
それでもやはりハードケースは重量があるのを再認識

要件

上記の手持ちを踏まえた要件は

重量は4kg以内
四輪
上記ハードケースと同等以上の大きさ

とします。

注意点

重量と防犯性の相関

重さを重視していくにつれて防犯性は下がっていきます。
一般的にハード(フレーム)→ハード(ファスナー)→ソフト
と重量は下がると同時に防犯効果は減っていきます。
ハードのフレーム(左)とファスナー(右)

スーツケースハードフレーム スーツケースハードケースファスナー

軽量化にこだわりすぎると陥る弊害

ソフトケースが防犯性が低いからといってハードケースで極限まで軽量化されたものは
耐久性に問題が出てくる場合があるとのことです。

なにか基準があるわけではございませんが、具体的にはフレームハードであれば、50リットルで4キロを切るもの、70リットルで4.5キロを切るもの、90リットルで5キロを切るものは軽量化が行き過ぎです。

かばん屋の店長ブログ より

まずスタンダードなサムソナイト

70L、3.1kg

だいぶ目が慣れてきましたが
ソフトケース=ダサいを店頭で植えつけてくれたメーカー
何パターンかシリーズがありますが
大きくなるほどボテッとしてきて機能としては問題ないけど
わくわくしない惜しい!かんじです。

ヒデオワカマツ

ソフトケースダサい説に抗っている唯一のブランドな気がします
いいなと思ったのを数点

Dolphin

約3.8kg、57.5L

青色がデザイン的にはストライクなんですが
2輪だし重量がちょっとあるなーと思って実物を手に取ってみると
ケース部分が普通のカバンのような柔らかさ&キャリーの滑り悪し
ソフトケースというより、ソフトなバッグにキャリーとバーがおまけでついてる印象でした。

Actrip

3.6kg、69L

デザインは良いが2輪だしDolphinと似た印象でした

Fly2

80L、3.1kg

現段階での本命
上記Dolphin、Actripよりはデザイン性は失われるけどギリかっこいいかな
キャスターがスムーズじゃなかったという意見があったので要実物確認

→実物確認しました
個人的にキャスターもデザインも問題なし!

ハードケース(ファスナー)軽量タイプ

アメリカンツーリスター スピナー

73L 3.7kg
ソフトではないけどファスナーであるもののハードでここまできたかという重量
防犯効果も中間的な位置づけになります。

サンコー ツーリストクラブ

82L 4.0kg

上記スピナーよりやや大きめサイズ

どれにするか

現状ヒデオワカマツのfly2を購入する予定でいます。
が、まだ旅行予約してないのでそっちが先です。
相変わらず木を見て森を見ていない…
年末年始旅行に行く方の参考になれば幸いです。

続編へ購入したのは…

大型ソフトキャリーケース=ダサいを払拭 ヒデオワカマツFly2を買いました
過去記事で長期旅行用のソフトキャリーケース(スーツケース)を検討していましたが 先日楽天にて購入しましたのでその内容です。 購入...
スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする