スペック&コスパ重視 小旅行用キャリーバッグを検討する

小旅行で使用しているキャリーバックの持ち手がベタベタになってきたので
買い替えを検討した内容です
デザイン性よりもスペック&コスパ重視
そうすると家にあるとあるキャリーバッグに関連したものに

要件は以下の通り

✔ 使用用途は出張、帰省、小旅行
✔ スーツケースと異なり徒歩&電車利用が多いのでキャスターの滑らかさや軽さは重要
✔ 機内持ち込みできるサイズなら尚良い
✔ 意味のない重みはNG

家族に聞いたらソフトケースの大きさ違うやつでいいじゃんという
えー同じデザインじゃつまんないじゃん!ってことで次の候補を探すことに

大型ソフトキャリーケース=ダサいを払拭 ヒデオワカマツFly2を買いました
過去記事で長期旅行用のソフトキャリーケース(スーツケース)を検討していましたが 先日楽天にて購入しましたのでその内容です。 ...

現在のキャリーバッグ

おそらくA.L.Iのキャリーバッグ 50cmX37cmX22.5cmくらい2.9kg

A.L.I アジアラゲージ キャリーバッグ

店頭で持ち上げて確認したのでまずまずの軽さ

現在コインロッカーサイズ(LCC準拠)や拡張つきのものなどがあります

このバッグの欠点は汚れが目立つこと(色の問題?)
1回飛行機預け入れすると都度メラミンスポンジで汚れ落とししてとっても面倒なんです

A.L.Iキャリーバッグのキズ

機内持ち込みの壁は一般航空会社とLCCで異なる

機内持ち込みといえどJAL、ANAなどとLCCでは基準が異なり
LCCのほうがより厳しくなっています。
(さらにいえばJAL、ANAも100席未満だと異なるがこちらは預け入れるので無視)

こちらのサイトで詳しく比較しています
ttps://www.bousaid.com/entry/2014/03/21/080808#LCCや100席未満もOKなスーツケース一覧

すべてのLCCに順した基準のものだとバッグが小さくなってしまうので
使用実績があるバニラエアの場合のみ考慮することに
「55cmX40cmX25cm以内かつ、三辺の合計が115cm以内(7.0kg)」

LCC対応のバッグだとこちらが候補でした

トップオープンタイプは?

同程度のシリーズ比較で体感価格は+4,000円高く、重量は+0.4kgくらい重くなります
価格はもちろん余分に骨組みが増えるので重くなるのは必至です。

例えばヒデオワカマツマックスキャビンウェーブ 後述のマックスキャビン2と比較して
価格+4,000円、重量+0.3kgとなります

高くなるのは多少、重くなるのはとてもネックだな…と思ってたら
いつも乗っけている折りたたみボストンの重さが…
395g!

キャリーバッグが重いのは折りたたみボストンがあるから…
あると思います

重さ云々言う前にこれどうにかせい!ということで
なぜこのかばんを多用するかというとメインのバッグに入りきらないから
&食品などの手荷物があぶれるから
→メインのバッグの収納量をどうにかしようという結論に至る

そしてどうしてもあぶれるものは100円ショップで購入した?
手荷物まとめベルトでなるべく対応しようと心に誓う

トラベル手荷物まとめベルト100円ショップ

結論

ソフトケースと同じHIDEO WAKAMATSU(ヒデオワカマツ) のmaxcabinII (マックスキャビン2)となったわけで

詳細はこちらで書いてます

小旅行用キャリーバッグ ヒデオワカマツマックスキャビン2を買いました
小旅行で使用しているキャリーバックの持ち手がベタベタになってきたので 買い替えを検討していました そうすると家にあるとあるキャリーバッグ...
スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする