本多さおり「モノは好き、でも身軽に生きたい。」を読みました

図書館で見たい旅行雑誌が軒並み貸出中なので予約したところ
貸出ベストや予約ベストがまとめられていたので
その中から気になった本を予約しては読みふけっております。

その中で見つけた「モノは好き、でも身軽に生きたい。」

本多さおり モノは好き、でも身軽に生きたい。

読んで思ったこと

タイトルにひかれて借りてみたのでタイトルは100点!ですが
結論から言うと期待していた内容ではなく
タイトルに則した願望のヒントはあまり見つかりませんでした。

方法論というよりも(読んだことないけど)モデルさんのスタイルフォトブックとかに
近いかんじなんでしょうか
人となりを知らないのでカバンの中身&ワードローブ紹介っていわれても
??と面食らいました。

大好きなものだけに囲まれて暮らせる経済力とセンスを目の当たりにして
憧れる~というより自分との差が愕然としすぎてちょっぴり自己嫌悪に陥ってしまう笑

著者の本多さおりさん、自身のライフスタイルをコンテンツにしている方で
ファンの方がいて、その方たちが買い支え図書館にも進出した模様。
「何を言ったか」より「誰が言ったか」に重きがある内容だなと思いました。

過去作がベストセラーらしくその続編だったみたいで??な印象になったようです。
マンガで言うと3巻めくらいから読んじゃったみたいなことなんでしょうね
機会があればベストセラーの方も見てみたいと思います。

片づけ本というよりは憧れライフスタイル本という位置づけで読んだ方がいいみたいです。
レビューと続編を見る限りどんどん生活レベルが上がってくるらしく
庶民とはかけはなれた生活をどう一般人とすり合わせていくのか気になります。

参考にしてみたこと

その中でも参考にしたものを

ポーチの見える化ということで現在の化粧ポーチ
昔大好きだったキャラクター「フロッグスタイル」のもの。かれこれ10年くらい使ってる。。

FROG STYLE meets PARCO. HALLOWEEN PARTY~物販系~ (旧ブログ)

フロッグスタイル コスメポーチ

持ち歩かないのをいいことに収まりきらずファスナーは閉まらずはみ出てる。。
そして使うごとにガチャガチャ

よくよく考えたら旅行以外でこのポーチ持ち歩かないでしょうよ
化粧品持ち歩いてもリップ&リップブラシと塗り直し用ファンデくらいでしょうよ
しかも省スペース化のためにかばんのポケットにポイッ

もっと大きくてもいいんじゃない?

ということで楽天RAXY11月キティちゃんのコラボの
半透明ポーチに入れ替えてみました。

楽天RAXY2017年10月ハローキティ スペシャルコラボポーチ 楽天RAXY2017年10月ハローキティポーチ

コスメ定期便楽天RAXY2017年11月分(ハローキティボックス)を購入しました
欲しい月だけ注文する形を取っている楽天RAXY 今月(11月)分斜め上の展開「ハローキティボックス」を申込、受け取りました。 前月解...

透明&ビニールだからって水場でないといけないことはないですね
大きさが違うのですっぽり入ります。
楽天RAXY2017年10月キティポーチとフロッグスタイルポーチ
さすがキティ先輩。懐が深いわ~
しかしすき間があいてペンシル類が倒れるなーどうしよっかな

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする